顔に脂肪溶解注射を使うメリット

メスを使わず小顔になれる

顔に脂肪溶解注射を行うメリットとしては、まず「顔にメスを入れずに小顔になれる」という点が挙げられます。メスを使う美容整形の場合、どうしても傷跡が残るリスクを考慮しなければいけません。脂肪溶解注射は薬剤を注射器で顔に注入するだけで、メスで皮膚を切開し縫合するといった手術を必要としないため、術後に傷跡が残るリスクが無いのです。顔に傷跡が残らないという点は、大きなメリットと言えるでしょう。もちろん、脂肪が溶解される作用があるのでスッキリとした、シャープな小顔へと変身できるのも脂肪溶解注射のメリットです。フェイスラインやあご、頬についた脂肪だけでなく、団子鼻も脂肪溶解注射でスッキリさせることができます。

ダウンタイムの心配が少ない

脂肪溶解注射はダウンタイムの心配が、ほとんど無いという点もメリットと言えます。薬剤を注入した部位に痛みや、腫れ、熱感といった症状は現れにくいようです。もし、このような症状が出たとしても数時間から、2日程度で自然と回復していきます。脂肪溶解注射当日からシャワーも浴びられるなど、日常生活へと戻りやすいので仕事を長期にわたり休めないという人も、休日を利用して脂肪溶解注射を受けることができます。注射で薬剤を注入するので、人によっては術後に内出血が起こるリスクはあるものの、もし起こったとしても1週間から2週間程度で消えて行くので安心しましょう。また、内出血が起こってもコンシーラーなどを使いメイクすれば、カバーすることも可能です。

© Copyright Fat To Lose Weight. All Rights Reserved.